新交通システム捷運に乗って哈日杏子のGOGO台北

哈日杏子のGOGO台北
新交通システム捷運に乗って

哈日 杏子

4-6変 160 並製
定価:1,200+税
ISBN978-4-944235-09-4(4-944235-09-7) C0026
在庫あり
書店発売日:2002年09月05日

内容紹介

年間90万人の日本人が出かけている台湾
アジア旅行人気エリアの新スタイルガイドブック
旅に必携(リピーターにも最適)
台北っ子・哈日杏子がガイドするひと味違う台北
台湾の哈日族(日本人大好き族)の代表として知られる哈日杏子が、日本人旅行者のために書き下ろした『捷運でめぐる台北』

前書きなど

 (本文(抜粋))
 もう一年余り前、2001年5月20日、わたしは東京へ向かう機内にいた。
 シートに身を沈め、陳水扁総統を取材したテレビニュースを見ていた。ちょうど総統就任1周年の日だ。(その日は、台北に住む人なら誰でも知ってる、デパートの大バーゲンの日でもあった。就任1周年とバーゲンの間に何の関係があるのか、まるで分からないけれど、おそらく、百貨店側は大金が入るって喜んでるわよね?)。正直言って、そのニュースを見たあと、私の気持ちは複雑で、ちょっと泣きたい気にさえなった・・・・・・。(ちょうど国を出て、バーゲンに行けないから泣きたくなったんじゃないのよ〜、みなさん!)
 番組で総統は言う。「よりよい台湾を創り、人びとが台湾のよい点に認識を深めれば、必ずや国際社会で台湾への理解を広げられるでありましょう!」。
 そう、総統の言うとおりだと思う。より多くの人に台湾のよさや特色を知らせること、そのためにわたしは東京へ飛び、まどか出版のKさんと話し合うことになっていた。日本の「哈台族(台湾大好き族)」や台湾へ旅行する人に向けて、土地っ子が案内する台湾ガイドブックを出そうというのだ。

版元から一言

(ここがポイント!)
・土地っ子が損得勘定抜きに教えてくれる台北巡りのノウハウが満載。
・ポケットに収まる新書版。豊富な写真入りで行きたい場所がすぐに分かる実用的な構成。
・更新情報を当ホームページにて逐次掲載。
(こんな人にお薦め)
・台湾旅行を極めたい方。
・まだ台湾に行ったことはないけれど、興味を持っている方。
・近くて、日本語が通じて、おいしいものがたくさんあって、物が安くて、買い物がガンガンできて、電車のあるところに行きたい方。
・コンピューターのマザーボードを買いに行きたいけど、家族が迷子にならないか不安な方。
・マザーボードを買いに行きたいけど、自分が迷子にならないか不安な方。
・哈日杏子ファンの方。

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 目醒めよ、ウイグル英雄たちの涙

アブドゥレヒム・オトキュル, 東 綾子 訳,
書店発売日:2009年07月25日