半日で観るヨーロッパ絵画のエッセンス堪能ルーヴル

堪能ルーヴル
半日で観るヨーロッパ絵画のエッセンス

小暮 満寿雄

四六判 256 上製
定価:1,600+税
ISBN978-4-944235-14-8(4-944235-14-3) C0070
在庫あり
書店発売日:2003年03月14日

内容紹介

巨大なルーブル美術館、何を観ればいいの?
花の都・パリ観光の目玉といえばルーヴル。
この美術館は名品ぞろいだというのに、ツアーで行けば、半日ほどの時間しか当てらていません。ゆっくり味わうなんて無理。しかし、ご安心を。若手画家である著者がユーモアある筆致でガイドいたします。また、本書には、著者による名品の模写や楽しいイラスト解説も多数掲載しています。

前書きなど

 (本文(抜粋))
昔からルーヴル美術館はどこから、どう見てよいのかわからないといわれていました。私も一九八五年にはじめて訪れた時、まだ改修前だったルーヴルをずいぶんとさまよい歩いたものです。
 (中略)
 一九八九年。大改修工事にひと区切りついてからの新生ルーヴルは、カテゴリーがかなり整理されました。
 しかし見やすくなったとはいえ、展示作品は以前よりさらに増えた上、フロアもグンと広くなったのですから、やはり簡単に全部を見るというわけにはいきません。冗談ではなく、走って廻ると途中で息が切れてしまう大きさです。
 では、この巨大ルーヴルをどう見ればよいのでしょう?
 それにはまず、ルーヴル美術館は、さながら西洋文明の百科事典といった性格を持っていると考えていただきましょう。百科事典がいくら知識の宝庫だからといって、それを全部読む人はほとんどいませんからね。
 欲ばって全部見ようとは思わず、自分のスケジュールと持ち時間にあわせ、興味のあるところや、オススメとされるものをピックアップして見るのがよいでしょう。できれば、じっくり腰をすえて見たいものですが、少しでも予備知識があれば、半日の持ち時間でも十分楽しむことができるのです。

版元から一言

(ここがポイント!)      
・ルーヴル美術館の構成を辿りながらヨーロッパ絵画史の流れをわかりやすく解説。
・豊富な知識に裏打ちされた軽妙な語り口で偉大な画家たちの人間的な一面を紹介。
・挿絵、漫画、脚注など、誰にでも気軽に読めて、かつ十分な知識が得られるような工夫が満載。
・これからフランス旅行を計画していらっしゃる方や、もうすでにルーヴル美術館へ行ってこられた方。
・専門的に勉強したことはないけれど、絵を描くのが好きな方、または絵を見るのが好きな方。
・偉大な芸術家の素顔に関心のある方。
・ヨーロッパの歴史、特に芸術家のパトロンだった権力者の変遷に興味ある方。

(こんな人にお薦め)
・これからフランス旅行を計画していらっしゃる方や、もうすでにルーヴル美術館へ行ってこられた方。
・専門的に勉強したことはないけれど、絵を描くのが好きな方、または絵を見るのが好きな方。
・偉大な芸術家の素顔に関心のある方。
・ヨーロッパの歴史、特に芸術家のパトロンだった権力者の変遷に興味ある方。

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 ことわざウラ世界日本語ごっこ

森 真紀
書店発売日:2005年08月22日