法華経「本門八品」にみる久遠本仏の世界本化仏教を説く

本化仏教を説く
法華経「本門八品」にみる久遠本仏の世界

泰永二郎

A5判 256 並製
定価:2,000+税
ISBN978-4-944235-22-3(4-944235-22-4) C0015
在庫あり
書店発売日:2004年10月17日

内容紹介

第1章 仏教の中心の教えは「法華経本門」にあり、さらに本仏の衆生救済は仏種子の下種にあること示す。
第2章 法華経二十八品(章)の要点を簡明に述べ、各品に説かれた深意と位置付けを明確にする。
第3章 釈尊一代の仏教経典の核心とともに、実践修行のありかたと、末法衆生が成仏できる法とは何かを究める。
第4章 経家阿難が望見する「久遠本地」の世界では、本化の菩薩たちが活躍し、末法救済の一点が見据えられていることを明かす。
まとめ 題目に秘められた法華経の真実こそが「南無妙法蓮華経」であること説く。

前書きなど

“日蓮宗”の歴史上、分派分裂の要因となった最大の教義論争を「本迹一致・勝劣」論争という。「本迹」とはもともと天台大師智の法華経解釈に用られた用語だが、日蓮聖人はその「本迹」を縦横に駆使して“天台法華宗”とは違う新たな“日蓮法華宗”の教義をを確立したわけで、そういう意味では「本迹」は日蓮聖人の宗教を知るためのキーワードのひとつである。
 「本迹」の深い意味は本書に中で触れるが、簡単にいえば法華経の前半を迹門といい後半を本門という。この本門と迹門の関係をどう受け止めるかというときに、“天台宗”は「本迹一致」の立場をとり、“日蓮集”は「本迹勝劣」の立場を主張する。
 その「一致・勝劣」の問題がこともあろうに聖人滅後宗内において再燃したのである。ただし再燃した「一致・勝劣」には二重の意味があってこれがなかなか単純でない。事実、歴史上二度あったとされる宗内の「本迹一致・勝劣」論争だが、その「一致・勝劣」がそれぞれ別の意味で使われているのである。
 1回目は日蓮聖人の七回忌を機に起こった。聖人入滅の直前に定められた本弟子六人(日昭、日朗、日興、日向、日頂、日持——六老僧)のうちの日興師と他の五師との対立である。 (中略)
 二回目の「本迹一致・勝劣」論争は聖人滅後百五十年のころである。ここで論じられたのは、かつて聖人が”台・当の違目”として天台宗と当宗の違いを論じたときと同じ意味での「一致・勝劣」であった。(以下略)
 

版元から一言

◎ここがポイント(100字以内、2〜3点)
・本書は、あらゆる仏教の核心というべき「本化仏教」をわかりやすく説いた、その入門書である。
・「本化仏教」とは、釈尊が最後に説いた法華経本門の八品に描かれる久遠本仏の世界である。本書はその解説書であり、教義の説かれることの少ない現代の仏教界に一石を投じるものでもある。
・「本化仏教」はまた、日蓮が生命を賭して布教した教えでもあり、本書はまた、日蓮の宗教の全貌と核心とをよく伝えるものでもある。
・「本化仏教」はまた末法衆生救済を説くものであり、末法の世である現代に生きる人々にこそ大きな意味をもつものであることを、本書はわかりやすく説いている。


◎こんな人にお薦め(50字以内、3〜6点) 
・生きることの意味を問い、哲学としての仏教に関心のある方
・仏教に関心をもち、まず仏教とは何かを知りたい方
・幅広く仏教書を読み、比較仏教学に関心のある方
・日蓮宗の「八品門流」の教義に関心のある方

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 こころの旅妙法蓮華経

善家 基明
書店発売日:2002年02月18日