女性に宛てた日蓮聖人の手紙水のように寄り添う心

水のように寄り添う心
女性に宛てた日蓮聖人の手紙

久郷 えり

四六判 144 並製
定価:1,200+税
ISBN978-4-944235-25-4(4-944235-25-9) C0095
在庫あり
書店発売日:2005年05月16日

前書きなど

まえがき
「日蓮の珠玉のことばを通じ、過去を生きた女性に教わること、または共感することがきっとあると思います」(抜粋)

 いまは女性がパワフルな時代です。男まさりに仕事をこなす女性の存在は、なんらめずらしいことにない世の中になりました。しかし、よくよく考えてみれば、女性がおもてに出てきたというのは本当に最近のことです。平塚らいてうら、フェミニズムを主張する女性たちが注目され、モダンガールとよばれるようなオシャレを楽しむ女性たちが注目を浴びたのは昭和のはじめ。女性が権利を主張しはじめたのは、年月にしてまだやっと百年になろうか、というほどなのです。
 その時代、時代で境遇もさまざまでしょうが、女性という存在には長い間、まったくというほど主体性があたえられていませんでした。日蓮聖人の生きた鎌倉時代はどうであったかというと、戦争のたえない武士社会。女性はまさに男性によって生き方を定められていたといえるでしょう。
 この手紙に書かれているように、選ぶ男性によって女性のすべての道は決定してしまう、というのも決しておおげさなものではないのです。そればかりか、信心を持つ女性をたたえ、はげますことばを書かれた日蓮聖人は、当時としては異例ともいえる女性崇拝者であるかのようです。それは、この手紙を授かった、鎌倉は桟敷に住んでいた桟敷の女房をはじめ、日蓮を慕い法華経信者になる女性が多かったことからも十分にうかがい知れます。
「苦の衆生とは何ぞや。地獄の衆生にあらず、餓鬼道の衆生にもあらず、只女人を指して苦の衆生と名けたり」。
 聖人は、そのように書き残しています。本当に苦しいのは地獄や餓鬼界であえいでる者たちではなく、自分の生きる道を自分で決めることのできない女性である、と。それほどに女性は厳しい立場におかれていたわけですが、しかし、この御文にはもっと深い意味が秘められているようです。

——「水のようによりそう気持ち」より

版元から一言

◎ここがポイント

・鎌倉時代の僧・日蓮が女性信者に宛てた手紙は、70編余りが今日に伝わっている。本書では、そのうち代表的な20編から要点を引用、その現代語訳を付したうえで、その手紙の内容をテーマにエッセイを展開している。

・著者は、現代に生きる25歳の女性。13世紀の日蓮聖人の言葉を、みずみずしい感性で受け止め、21世紀に生きる女性としての思いをさまざまに書き綴り、異色の女性論ともなっている。

・心を癒すような言葉が綴られた本書。144ページという小著だけに、ハンドバッグなどに忍ばせて持ち歩きたくなるような造りといえるはず。花をあしらった装丁も清らかな雰囲気となっている。



◎こんな人にお薦め 

・女性の生き方を、日本の歴史や伝統に沿って、考えたいと思っている方

・法華経の説く「女人成仏」や日蓮聖人に関心がある方

・心に悩みがあり、心に染み入る言葉を求めている女性の方

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 半日で観るヨーロッパ絵画のエッセンス堪能ルーヴル

小暮 満寿雄
書店発売日:2003年03月14日