月刊男心

月刊男心

吉見 マサノヴ

四六判 160 上製
定価:1,500+税
ISBN978-4-944235-30-8(4-944235-30-5) C0092
在庫あり
書店発売日:2006年03月27日

内容紹介

本書は、DIONのLOVELOGで日々展開されている、「月刊男心」といういっぷう変わったタイトルのブログ上の詩集を書籍化したものである。そのブログが「恋愛ランキング1位」という人気をもつのは、誰もが関心をもつ恋愛を真摯に斜めから見て、いままでにない独自の世界を切り開いたからだ。詩の形式の作品のなかで描かれる、恋と愛に揺れる男心は、切なく可笑しい。現代の日常のなかで繰り広げられる恋愛を、著者・吉見マサノヴは、ユーモアのある見事なひとコマに切り取って見せてくれる。そんな萌える男心を描いた恋愛詩は84篇、そして掌編小説5篇が本書に収載されている。

前書きなど

本文抜粋

●同棲初日

え? え? ちょっと何やってんの?

どうして二人で飯食ってる時に
友達と携帯で長電話してんの?

どうして缶ビールを
わざわざコップに注いで飲むの?

え? え? ちょっと何やってんの?

どうしてドアを開けたら閉めないの?
どうしてトイレの蓋も閉めないの?

どうしてエッチの後
シャワー浴びずにそのまま寝ちゃうの?

え? え? ちょっと何やってんの?

ヘアドライヤーの吹き出し口を
どうして縦向きにセットしてるの?

え? え? ちょっと何やってんの?

どうして朝ごはんの前に
歯磨きするの?

どうして夜歯磨いた後に
スナック菓子食べるの?

価値観じゃない文化じゃない

何? うがい用のコップって


●キミが好き

ヘビが好き
トカゲが好き
ムカデが好き
 
クモが好き
ハエが好き
ダニが好き
 
ほんとは一番キミが好き


●月極

「ここのゲッキョク駐車場ってすごく高いわねタカシ」
いや、これはツキギメ駐車場って呼ぶんだよ

「まぁ、恥ずかしいわタカシ。こういうのってうる覚えですもんね」
いや、うろ覚えって言うんだよ

「まぁ、恥ずかしいわタカシ。弁当箱の隅をつつくようなことを」
いや、重箱の隅をつつくって言うんだよ

「まぁ、恥ずかしいわタカシ。そんなあらかさまに訂正しないで頂戴」
いや、あからさまって言うんだよ

「まぁ、タカシったら。私きっと眠気なまこで考えるから勘違いばかりするんだわ」
いや、眠気まなこって言うんだよ

「タカシって頭いいのね」
いや、僕はケンジっていうんだよ

版元から一言

◎ここがポイント

1.毎日2500ヒットあり、DIONのLOVELOGで恋愛ランキング1位になったブログ上の詩集の書籍化であること。
2.DIONのブログとしては初の書籍化であり、DIONのサイトなどで紹介するなど、宣伝に協力的であること。
3.著者は「恋愛を真摯に斜めから見る」を執筆テーマに、恋愛詩や、恋愛短編小説などを書きつづけており、ブログなどでは、幅広い年齢層の女性の人気がすでに高いこと。
4.著者が描く恋愛は現代の日常の1コマの中に展開し、ユーモアを含んだ個性豊かなその作品は、多くの人の共感を得るものであること。
5.本書には恋愛詩が84編、その合間にはさんで掌編小説を5編掲載しており、現代の恋愛の語り部ともいえる著者の世界をじゅうぶんに満喫できる構成となっていること。


◎こんな人にお薦め
・恋愛したい、恋愛を夢見る、または恋愛中のすべての男女。
・恋愛する男性の心を見てみたいと思う女性の方々。
・日常の生活に、ふとためいきのようなひとときをもちたいと思っている人。

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

立正安国論

日蓮, 斎藤 信雄 編,
書店発売日:2002年03月08日