師弟問答書簡集法華経に出値いて

法華経に出値いて
師弟問答書簡集

小泉 悦子

A5判 304 上製
定価:2,800+税
ISBN978-4-944235-32-2(4-944235-32-1) C0015
在庫あり
書店発売日:2006年11月16日

内容紹介

離婚して二子を抱えた生計を支える苦境のなか、法華経に魂の拠り所を求めて発した「問い」に、法義を極めた故・鈴木基靖師が答える。その問答に仏教の奥義が姿を表していく。

前書きなど

 11日の教学で、後で考えて分からなかったところを質問させていただきます。   ◆円教の理は「非有非空亦有亦空」であるとのご説明ですが、そうしますと、教主釈尊、久遠実成の本仏様も「非有非空亦有亦空」であるのでしょうか。(下略)

 ●お返事  (昭和42年3月15日)
 ご質問状を受領いたしました。(中略)深く考究して、法義をただ理論に終わらしめず、身に付けようとの真剣な態度も実に感心しました。
 講義が極めて短時間で概念的な説明しかできませんで、判り難かったと思います。ご質問に答えます。
   *   *
◆「円教の理、非有非空亦有亦空であれば、本仏の実在を絶対確実と信じることも片寄った考えとして嫌われるべきか…云々」
 非有非空亦有亦空とは絶対の確実性を認めることです。円教の理以外の見解では確実ではないのです。
 このご質問に関連して法義の全体を貫く一つの筋を申し上げておきましょう。
 ご法義は、最初、何物が真実の仏の悟られた法であるかを追求するのです。この筋においては、私どもは仏のお悟りの内容を知ることはできませんが、それでもどういう方向のものであるかを天台大師の如き智者が説明してくれたのです。それは結局「片寄らないもの」ということになります。
 ところが、現在私どもの信行実践の筋では全く考え方を変えるのです。
法行観 = 仏の在世及び正像二千年、天台宗までは宿善の有る智者聖人の修行で法行観と申し、仏の如く自力を以て悟りの道を追うわけです。
信行観 = 末法の我らの修行は、みな無宿善の愚者悪人ですから、自力を以て悟りを追うようなことをせず、専ら信心を以て仰いで頂戴するばかりです。そのために御仏は妙法蓮華経の内に一念三千の仏のお悟りの珠を包んで上行菩薩に付属せられたのです。
 この妙法五字は経力仏力の御法様であり、この五字を口唱するには、信心を強くして、いわば片寄れば片寄るほど如来のご本意に叶うわけです。(下略)       

——「本仏を信ずることは片寄りか」より

版元から一言

◎ここがポイント
・宗教評論家・丸山照雄氏が絶賛。氏は本書を評して「(前略)硬質な教義論の文底から発する熱い仏の慈愛が、心して読む人々の胸中に華びらとなって舞い降るだろう」と書く。

・法華経を学ぶ者の質問に対して、在家教団の導師であり法義を極めた故・鈴木基靖師の答えは、懇切丁寧でありながら質問者を考えさせるもので、読者をも仏教の深みへと導いていく。

◎こんな人にお薦め 

・法華経を深く研究するとともにその教えを実践しようと志している方。

・仏教や法華経の教えを学び、人生に活かしたいと思っている方。

・これからの長い人生を、しっかりと見つめ、自分の生き方を見つけたいと思っている若い方。

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 法華経の生き方自分と向き合う

泰永 二郎
書店発売日:2001年01月28日