2007旅と講演の全記録李登輝訪日 日本国へのメッセージ

李登輝訪日 日本国へのメッセージ
2007旅と講演の全記録

日本李登輝友の会 編

A5判 176 上製
定価:1,800+税
ISBN978-4-944235-37-7 C0031
在庫あり
書店発売日:2007年10月31日

内容紹介

李登輝氏が伝えたかったこととは—? 2007年5月、台湾の李登輝前総統が3年ぶりに訪日し、念願の「奥の細道」探訪、3回にわたる講演、靖国神社参拝と、日本に大きな足跡を残していった。本書は李登輝氏の序文から始まり、本編は4章だてである。第1章は訪日に関わった日台の主要人物が訪日の意義の大きさを綴る。第2章では旅の軌跡を追う。旅行中のエピソード、未発表写真を多数掲載。第3章は渾身の思いを込めた講演、そして第4章は各地の歓迎者の声を収録した。巻末には訪日の旅程、報道一覧も付け、李登輝氏訪日を余すところなく記録。東アジアにともにある日本との行方を見据えた李登輝氏のメッセージが伝わる一冊である。

前書きなど

 私は今回の旅行で、日本はやはり一流の国であると実感しました。まだまだアジアのリーダーとしての自覚が不十分であるなど不安な面はあるものの、日本人の知恵やモラル、そして技術など、これほど素晴らしい国はないのです。こうしたところは台湾もその他の世界の国々も、もっと見習っていいと思います。
 私の今回の旅は「学術・文化交流と『奥の細道』探訪の旅」という、いささか長い名前の付いた旅でしたが、お蔭様で成功裡に終えることができました。改めて感謝の意を表するとともに、この記録集が日本人の台湾認識を深め、台湾と日本の交流に役立つことを願っています。また、日本と自由や民主主義などの価値観を共有する台湾は、パートナーとして最もふさわしい隣国であることを理解する縁となることを希望しています。

 前回と今回の旅行で私が強く感じたことは、日本は戦後六十年の間に大変な経済発展を遂げているということです。たとえば、この有楽町。私はかつて戦後しばらく住んでおりましたが、そのときの状態と比べてみれば天地の差があります。まったく変わりました。私は昭和二十一年まで、有楽町の近く、新橋の焼け野原の中の一軒家に住んでおりました。日本はこのような焦土の中から立ち上がり、遂に世界第二位の経済大国を作り上げました。
 政治も大きく変わり、民主的な平和国家として世界各国の尊敬を得ることができるようになりました。その間における国民の努力と、指導者の正確な指導に敬意を表したいと思います。
 もう一つ感じたことは、日本文化の優れた伝統が進歩した社会で失われていなかったということです。確かに失われた面もありますが、ほとんど失われていなかったと私は思っています。
 日本人は敗戦の結果、耐え忍ぶしか道がありませんでした。忍耐する、それ以外には何もできず、経済一点張りの繁栄を求めることを余儀なくされたのです。そうした中にあっても、日本人は伝統や文化を失わずに来たのです。
 日本での旅行で強く記憶に残っているのは、さまざまな産業におけるサービスの素晴らしさでした。そこには戦前の日本人が持っていた真面目さ、細やかさがはっきりと感じられました。
 今の日本の若者はだめだという声も聞きますが、私は決してそうは思いません。日本人は戦前の日本人と同様、日本人の美徳をきちんと保持しています。社会が秩序正しく運営されて、人民の生活が秩序を保って守られているということです。確かに外見的には緩んだ部分もあるでしょう。しかし、それはかつての社会的な束縛から解放されただけで、日本人の多くは今も社会の規則にしたがって行動しています。
 私が東京から仙台に行く途中、あるいは日光に行く途中によく観察していましたが、日本人は社会の規則に従い、みな正しく行動しているということです。このような状態はなかなか他の国では見つかりません。社会的な秩序がきちんと保たれ、公共の場所では最高のサービスを提供し、できるだけ清潔な状態を維持しております。長い高速道路を走っていても、チリひとつありません。ここまでできる国は国際的に見て、恐らく日本だけではないでしょうか。

版元から一言

◎ここがポイント
・日本李登輝友の会だからこそ書ける李登輝訪日の記録集。
・マスコミが撮影できなかった写真を多数掲載。
・知られざる日本滞在時のエピソード満載。
・22歳まで「日本人」だった李登輝氏が見た日本の精神と伝統文化とは。

◎こんな人にお薦め 
・日・台・中を主とした東アジアの動向、およびそこでの日本の将来に関心が高い人
・台湾や日台関係に関心の高い人
・李登輝氏の人物に関心の高い人

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

朝子の介護奮戦記

小山 朝子
書店発売日:2003年06月16日