軍拡中国がある東アジアで日本の命運は台湾にあり

日本の命運は台湾にあり
軍拡中国がある東アジアで

永山 英樹

四六判 320 並製
定価:1,600+税
ISBN978-4-944235-38-4 C0031
在庫あり
書店発売日:2007年12月14日

内容紹介

台湾を抜きにして東アジアの平和は語れない。台湾の存在が、軍拡中国の太平洋進出を防ぎ、エネルギー資源を搬送する海上航路の安定に大きく寄与している。しかしその台湾が現在、中国の軍事的脅威だけではなく、台湾内部の抵抗勢力、日本や米国などの対台湾政策、国際社会の台湾排除により、国家存亡の危機に瀕している。そうしたなか2008年3月に行われる台湾総統選挙は、台湾だけでなく東アジア情勢を、劇的に変化させる可能性を内包している。日本は台湾といかに向かい合うべきなのか。新進気鋭の「台湾論者」が台湾を取り巻く情勢を克明に綴り、これからの日本と台湾が「日台共栄」の関係を構築できるよう提言する。

前書きなど

…こんな感動を誘う話は台湾では少なくない。たとえば有名なものに八田與一技師の墓前祭がある。世界も驚く大規模の水利施設を作り、南部の不毛の平原を大穀倉地帯へと変えた台湾総督府の八田技師を偲ぶ行事が、今でも毎年行われているのである。
 このような台湾人の心に、戦後の日本人はどれほど応えてきたのか、と考えさせられる。思えば戦後の日台関係が、たとえ国交はなくとも良好に維持されてきたのは、親日世代の台湾人の存在によるところが大きい。そしてそうした世代がすでに社会の第一線を退いている今日、両国関係の衰退が心配されているが、今の日本人さえ台湾に友情を示せば、台湾人もそれに応じることができるのだ。なぜなら日本人と台湾人はもともと、ウマが合うというのか、利害打算を超えた「心の絆」で結ばれ得る特殊な間柄だからだ。
 戦前戦後を通じた「八田物語」も、最近はとみに脚光を浴び、若い日本人の台湾人理解、若い台湾人の日本人理解をどんどん増進させている。
 よく隣国同士はいがみ合うものといわれるが、こうした隣国関係も存在するのである。そして地政学上、日本の国防にとって最も重要である台湾がこのような間柄であることを、日本人は天に感謝するべきだろう。ところがこのベストパートナーであるべき国が今、両国共通の敵である中国の軍事的脅威にさらされ、さらにはその妨害により、国連にすら加盟できず、国際社会で孤立し、いつ中国に併呑されるかわからないような状況である。

版元から一言

◎ここがポイント

・日台が歩んだ過去、現在の問題、向かうべき将来を提示
・軍拡中国の台湾統一への野望を鋭く指摘
・黄文雄氏との対談から日台の将来を読み解く

◎こんな人にお薦め 

・日・台・中を主とした東アジアの動向に関心が高い人
・日台関係に関心の高い人
・日本の安全保障問題に関心が高い人

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 女性に宛てた日蓮聖人の手紙水のように寄り添う心

久郷 えり
書店発売日:2005年05月16日