台湾人と共に歩いた四十七年台湾建国

台湾建国
台湾人と共に歩いた四十七年

宗像 隆幸

四六判 328 上製
定価:1,800+税
ISBN978-4-944235-39-1 C0031
在庫あり
書店発売日:2008年02月28日

内容紹介

長年にわたり筆者は、台湾独立運動を主導する台湾人とともに運動を支えてきた。その政治理論は台湾の政治家やメディアからも注目され続けている。本書は、台湾において人びとの自由を勝ち取るために、命をかけて恐怖政治と闘った者たちの記録といえる。日本と台湾とが舞台となった独立運動の歴史をたどりつつ、そして当事者だから知りうる数々の逸話で綴られる台湾の「建国神話」は、情熱を語るスリリングな読み物でもある。ここで繰り広げられる物語は、台湾独立運動と台湾民主化のありようというだけでなく、ひいては日本をも含む東アジアの現実を浮き彫りにしているのである。なお本書には台湾の李登輝前総統が序文を寄せている。

前書きなど

台湾が戦争の起こる可能性の最も大きな危険地帯の一つであることは、広く国際社会で認識されている。もし、中国が台湾を併合したら、世界のバランス・オブ・パワーは一変するのだから、ここで戦争が起きたら世界的な大戦に発展する可能性も小さくない。台湾問題は、決して台湾人だけの問題ではないのである。ところが国際社会は、この戦争の危険性を取り除く努力をしないばかりか、逆に台湾を孤立状態に放置することによって、戦争の危機を深めている。これは現代世界の最も不思議な現象である、と私には思われる。…台湾問題を少しでも理解してほしいと思って、私は本書を書いた。自由で民主的な台湾国の建設を目指して、私は半世紀近く台湾人とともにたたかってきたので、自分で体験したことや見聞したことを中心にして、大戦後の台湾の略史を書いたのである。(本文より)

版元から一言

◎こんな人にお薦め
・台湾独立運動に関心のある人
・日・台・中を主とした東アジアの動向に関心が高い人
・日台関係に関心の高い人
・近・現代史に関心がある人

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

おいしい楽しい自然食はじめましょ

久保 千尋
書店発売日:2010年05月19日