半日で巡る故宮博物院の精華堪能故宮in台北

堪能故宮in台北
半日で巡る故宮博物院の精華

小暮 満寿雄

A5変 212 並製
定価:1,500+税
ISBN978-4-944235-40-7 C0026
在庫あり
書店発売日:2008年04月22日

内容紹介

 ロンドンの大英博物館、パリのルーヴル、ニューヨークのメトロポリタンとともに、世界四大博物館の一つに数えられる一大ミュージアムが、台湾にある故宮博物院です。
 70万点という膨大な収蔵品があり、ことに陶磁器は、名品だけで中国陶磁の歴史が辿れるという充実ぶり。展示は数千点といえど、旅行中に立ち寄ったのでは、じっくり味わう時間はありません。
 しかし、ご安心を。画家で漫画家で作家の著者が、ユーモラスな筆致でガイドいたします。また、豊富なイラスト解説やコマ漫画などで、主な作品とともに製作法や関連人物などをエピソードとともに紹介します。
 これで短い時間の鑑賞でも、たっぷりと故宮を堪能できるのです。

前書きなど

 さあ、みなさん。いよいよ、台北・故宮博物院が近づいてきました。
 何かと驚くことの多い台湾のなかでも、台北・故宮博物院の与えるインパクトは特別なものです。なにせ、ここはお隣にある中国・歴代皇帝たちが四千年かけて集めた文物を、ごっそり一堂に集めた場所なのですから。

 え? そういえば北京にも故宮博物院があるけど、ここ台北・故宮博物院とどう違うのかって? ウーム、実によい質問ですね。
 北京・故宮博物院といえば、かつて「紫禁城」と呼ばれ、明代以降に皇帝の住まいとなった広大な宮殿です。あの映画「ラスト・エンペラー」の舞台となった場所として、ご存知の方も多いかと思かもしれません。
 ”故宮”というのは「かつて宮殿だった地」を意味します。ですから北京の故宮は、文字どおり皇帝の住まいだったことで、その名があります。一方、台北には宮殿はありませんでしたが、かつて「故宮」にあった数多くの文化財を収蔵しているため、「故宮」の名を冠しているのです。つまり、北京の故宮に収蔵されていたものが、先の大戦の混乱期に台湾に移されたのです。その詳しい経緯は、巻末近くの「名宝流転、故宮文物の旅」に書きましたからそちらをご覧ください。
 その移ってきた故宮が、今からみなさまとご一緒に見てまわる「台北・故宮博物院」なんですね!
 ここには、まさに中華文明のエッセンスが、雫となり玉となったような美術品数千点が、ところ狭しと並べられています。
 だからこの巨大ミュージアムの展示品を半日で観賞するなどは、限りなく不可能に近いこと。さらに七〇万点という全部の収蔵品をじっくり見ようとすれば、十年二十年……いや、一生かかってもまだ足りません。
 だからこそ、そんな巨大ミュージアムを見る際には、予備知識を持ってポイントを絞って見たいものです。また故宮の文化財のなかには、今では使われなくなったものも多く、見ただけでは何だかわからない品物も少なくありません。拙著『堪能ルーヴル』でも同じ試みをしましたが、”知らないで見る”のと”知って見る”のでは天地雲泥の違い。わずかな予備知識で見る人が幸福になる、というわけですね。
 では、これから夕食までの短い間——少し駆け足で、この素晴らしいミュージアムを回ることにいたしましょう。夕食の話題が軽やかになり、食事がすすむこと受け合いですよ!(前書きより)

版元から一言

◎ここがポイント      
・リニューアルされた故宮博物院の展示のままに順に辿りながら古代から唐や宋の時代を経て清朝にいたるまでの流れをわかりやすく解説します。
・豊富な知識に裏打ちされた軽妙な語り口で製作法や関連人物などのエピソードとともに故宮の文化財を紹介します。
・挿絵、漫画、脚注など、誰にでも気軽に読めて、かつ十分な知識が得られるような工夫が満載です。

◎こんな人にお薦め
・これから台湾旅行を計画していらっしゃる方や、もうすでに故宮博物院へ行ってこられた方。
・中国の歴史や文化、また陶磁器や書画などに関心がある方。
・中国の歴史や文化、また陶磁器や書画などには関心がないけれど、台湾旅行では故宮へ行こうと思っている方。

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

月刊男心

吉見 マサノヴ
書店発売日:2006年03月27日