台北・宮前町九十番地を出て国際広報官 張超英

国際広報官 張超英
台北・宮前町九十番地を出て 宮前町九十番地

張 超英 語り

四六判 308 上製
定価:2,000+税
ISBN978-4-944235-41-4 C0023
在庫あり
書店発売日:2008年05月28日

内容紹介

本書は華語圏のベストセラー『宮前町九十番地』(台北、時報出版)の日本語版である。著者は日本統治下の、そして植民地からの「解放」後の台湾、戦後の香港、東京などで育った。その後、台湾政府の広報官となり、多くの歴史的にも重要な出来事に遭遇し、持ち前の行動力で、台湾を広く国際社会、とりわけ日本に知らしめる。それは台湾への架け橋をつなぐ友好事業のようでもあり、まるで情報戦のようでもある。稀有な経験に裏打ちされた著者の証言は、自らの人生をいかに切り開いていくかという示唆に富んだものになっており、また日本社会、東アジアの近現代史の一面を映し出している。

前書きなど

「宮前町九十番地」は私の実家の旧住所で、それは現在の台北市中山北路にある台湾セメント新大楼(ビル)の向かい側に位置し、敷地が一千坪余りあった。この場所は台湾の近代史上二つの特別な意義を有している。
 日本統治時代、私の父親、張月澄(別名張秀哲)は旧円で一円という象徴的な値段で自宅を中華民国駐台湾領事館に貸した。彼の本意は「自宅の屋根の上に中華民国の国旗が翻る」のもまた楽しからずや、というものだった。台湾人は日本統治下で二等国民であり、抑え切れないほどの不満を心中持っていた。したがって「祖国」の国旗が自宅に翻るのを見られるなら、それは一種のうさ晴らしであったことは免れない。
 祖父は当時、台湾炭鉱界の資産家であった。表面上は親日だが、私的には父の決定に反対しなかった。
 …父は学生時代(一九二〇年代)、台湾にいる祖父の無制限とも言える経済的支援を頼りに反日運動に力を注ぎ、広州で「広東台湾革命青年団」を組織するとともに、『台湾先鋒』を出版、中国革命が「台湾を忘れるなかれ」と鼓吹した。…皮肉なのは「二・二八事件」後、父も一般の台湾知識人と同様に国民党に逮捕され、死刑寸前に救出されたものの、父の夢が粉々に打ち砕かれたことだ。
…私がひたすら考えたことは、つまりは自由・民主・人権に基づき台湾人の尊厳と地位を高めねばならないということである。私の人生は日本統治時代、権威主義時代、李登輝時代、および現在の本土化(台湾土着化)時代という道程を経験した。各段階において、不自由・非民主・不正義に反対するため、いろいろと異なる火花を散らしたのも、この理念に執着したためだった。私の人生の各段階において、ある人は私を「漢奸」(中国の裏切り者)と呼び、ある人は私を「台奸」(台湾の裏切りもの)と呼んだ。またある人は私を「宋派」(宋楚瑜・親民党主席支持派)と片づけ、さらには私を「大金を使うだけのお坊ちゃん」と決めつけた。こうした指摘や呼び方に対し、私はいつも一笑に付し、心にかけたことは一度もなかった。(まえがきより)

版元から一言

◎ここがポイント
・華語圏のベストセラー『宮前町九十番地』(台北、時報出版)を、著者と交流のあったジャーナリストたちが翻訳
・台湾政府広報官の伝記でありながら、日台米の間で起こり、広報官として自ら関わった歴史的事件の内幕も語られてゆく
・豊富な訳註が付けられており、日台米の近現代史、政治事情について十分に理解することができる

◎こんな人にお薦め
・日・台・米を主とした海外事情に関心が高い人
・広報の業務に興味のある人
・日台関係に関心の高い人

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 2007旅と講演の全記録李登輝訪日 日本国へのメッセージ

日本李登輝友の会 編
書店発売日:2007年10月31日