怨讐渦巻く江戸の闇――暗夜を翔る半七半七捕物帳 年代版〈2〉

半七捕物帳 年代版〈2〉
怨讐渦巻く江戸の闇――暗夜を翔る半七

岡本綺堂

四六判 352 上製
定価:1,600+税
ISBN978-4-944235-60-5 C0093
在庫あり
書店発売日:2012年03月04日

内容紹介

本シリーズは『半七捕物帳』の各編を事件発生順に収録しました。著者である岡本綺堂は明治初年の生まれ。江戸を肌で知る人達のなかで育った故、『半七捕物帳』は江戸情緒を豊かに感じる時代小説として、現在もたくさんの「捕物ファン」の心を惹きつけ離しません。本書は江戸地図、註釈、年表、舞台となった場所の現在の写真などを添え、半七が生き、躍動した江戸を浮かび上がらせます。散見される多くの難読字にはルビをふり、読みやすさも考慮しています。また本書には『半七捕物帳』を高座にかけている三遊亭圓橘氏が、噺家から見たその魅力について、解説文を寄せています。

前書きなど

◎本文抜粋
 わたしがいつでも通される横六畳の座敷には、そこに少しく不釣合いだと思われるような大きい立派な額がかけられて、額には草書で『報恩額』と筆太にしるしてあった。嘉永庚戌、七月、山村菱秋書という落款で、半七先生に贈ると書いてあるのも何だかおかしいようにも思われた。この額のいわれを一度きいて見ようと思いながら、いつもほかの話にまぎれて忘れていたが、ある時ふと気がついてそれを言い出すと、老人は持っていた煙管でその額を指しながら大きく笑った・・・

版元から一言

◎ここがポイント
・捕物小説の嚆矢『半七捕物帳』が装い新たに登場
・本シリーズは物語のスタートとなる第一作「お文の魂」を冒頭におき、全69作品の各編を事件発生の年代順に収録しました(本書は「半七先生」「大森の鶏」「唐人飴」「青山の仇討」「一つ目小僧」「十五夜御用心」「吉良の脇指」「弁天娘」「正雪の絵馬」を収録)
・半七の生きた江戸を理解する一助として、註釈を多く付け、また年表、江戸地図を添えました

「深川の師匠」こだわりの落語会 第304回 圓橘の会

半七捕物帳 年代版2」解説者、三遊亭圓橘師匠。毎月開催しています、深川東京モダン館での【圓橘の会】。

日 時:10月27日(土)15:00~ (開場14:30)

場 所:深川東京モダン館2階

出 演:三遊亭圓橘  橘也

演 目:一、“太宰 治・新釈諸国噺より”[赤い太鼓]
     一、“芸道のいじめ” [淀五郎]

料 金:前売予約 2,000円
    当日券  2,500円

お申込みはこちらから⇒http://www.fukagawatokyo.com/exhibits_events-rakugo.html

ピックアップこの一冊

 本化仏教―教えに生きる法門 下

泰永二郎
書店発売日:2011年05月19日